夏休みイベント2022 Part6



※新型コロナウイルス感染防止のため手指消毒・マスク着用(熱中症対策のために外出・運動している際には外している事もあり)・車での移動時は窓を開け常に換気をしている状態を徹底して夏休みの期間の支援を実施しました。



今回は、サポートのおでかけでは初めて訪れた球磨郡球磨村にある

『球泉洞』へ行った時のことを書いていきます!



球泉洞は全長4800mの九州最大の鍾乳洞で、令和2年7月豪雨で被災しましたが1年9か月ぶりに営業再開をしたということで行ってきました!


鍾乳洞?初めて聞く言葉に子どもたちはどんな場所なのか想像もできなかった様子で「大きな洞窟みたいな感じだよ」と伝えると、洞窟に行くの?といった表情でした(笑)



球泉洞に到着し、貸出されているヘルメットと長靴を着用して職員の方からどのようなルートで探検するのかや注意点などを説明していただきました!




いざ、鍾乳洞探検出発!


一般コースと探検コースが2つあり、今回私たちは探検コースに挑戦してきました!


まず、鍾乳洞のほんのりと暗く肌寒い雰囲気を味わい、それに慣れていきながら、足を踏み外したりしないように注意し歩いていきます。



途中、コウモリのアパートと言われる穴が所々にあり職員の方からコウモリの生態についても教えていただきました。



鍾乳石も途中にたくさんありましたが、奥に行くととても大きな鍾乳石があり、この大きさになるまでとても長い年月をかけているそうです^_^



子どもたちは、はじめて見るものだらけで「おぉー!」と驚いたり感動したりと楽しそうでした(*^▽^*)




そして、ここからが本番!


奥深くに行くために険しい道に挑戦していきます!



これまでは階段や道がしっかりとしたものが用意されていましたが、ここからは工事現場でしか見たことがないような足場を頼りに下へ降りていきます!



ほぼ90度に近い斜度の階段を一歩一歩、確実に足を置いていき下へ降りていきます。子どもたちも真剣な表情でとても頑張っていました(*^_^*)




一番下に行くと、滝のように水が湧き出ている場所があり川のようになっていました!




そこからしばらく歩くと目的地に到着。

鍾乳石が無数に広がっている様子はなかなか目にすることができない光景で感動でした(*^▽^*)





また、そこから来た道を戻るときは、疲れてヘトヘトになっている子もいましたがめげることなく、周りに応援されながら頑張ってゴールすることができました!



その後はしっかりと水分補給もし、休憩をしてから帰路へ。



大人でもビックリするような道のりでしたが、それでも子どもたちは途中でギブアップすることなく、また注意点をしっかりと守り、ふざけたり自分勝手な行動をしたりする子は一人もおらず、皆とても頑張っていて体力面精神面での成長を感じました(●ˇ∀ˇ●)




それでは引き続き更新していきます!



特集記事
最新記事
アーカイブ