相談支援事業所 きらり様向け (Yさん)

受け入れ前の事前希望) 保護者:人に対して気を使いすぎる。本人の夢の為、普通高校に入れたい。パニックに         なると過呼吸になる。回りくどい言い方でも理解できるようになって欲しい。真面目すぎて宿題など終わっていないと夜中までやってパニックになるので緩和してほしい。人からどう思われてるか気にするためその部分の緩和。 (受け入れ前の学校聞き取り) 担任:言葉での指示が苦手。宿題など必ずしないといけないと追い込まれてしまう。行動がとてもゆっくりしている。内容が理解できてないとオロオロしてしまう。 (サポートでの取り組み) ☆勉強する意思はあっても分からない問題がある事により、夜中まで時間がかかり、しないといけないという強迫観念からパニックになる。 ↓ 支援者と一緒に勉強の計画を立て、見通しが持てるように支援。支援者がつくなどして分からない問題を解説するなど、安心して学習に取り組める環境をつくる。 ↓ 強迫観念はなくなり、精神的に余裕が持てるようになった。学業成績も向上した。 ↓ (継続支援 6ヶ月利用時点) ☆集団遊びなど利用者同士の輪になかなか入らず、一人で過ごす事が多い ↓ 好きそうな遊びを取り入れ楽しめる環境を作る ↓ 自ら「バトミントンをしたい」の一言が出たあたりから、集団遊びに参加できるようになりいろいろな遊びに積極的に参加できるようになった。 ↓ (集団的コミニケーション能力の向上の為、継続支援 利用6ヶ月時点) ☆家庭環境の複雑化により心の揺れが見られる ↓ 支援者が親身になって話を聞き、フォローする。 ↓ 支援者の信頼関係により、落ち着いた状態を取り戻す。

相談支援事業所 済生会なでしこ園様向け(H君)

受け入れ前の事前希望) 保護者:放課後をサポートで過ごし、本人が安心して過ごせるようにして欲しい。 社会性を身に着けてほしい (受け入れ前の学校聞き取り) 担任:シャツのボタンはできない。ファスナーはあげれるがはめ込み部分が出来ない トイレは基本家以外で排泄せず、我慢してしまう。制作が嫌い。着替えは手や足を通して あげると自分でする。 (サポートでの取り組み) ☆してはいけないことをして、その事を注意されても何を注意されているのか理解できず、事柄が結びついていない。お菓子を見てもそれがお菓子で食べるものだと理解できていない。ダメな時に指で「X」にするがエックスと認識し、意味が通じない。 ↓ 信頼関係を築き、その都度ダメな事を根気よく結びつけて注意する。「X」バツと言う絵カードを利用し視覚からの情報を増やす。 ↓ 信頼関係が出来た頃から徐々に事柄が結びつき始める。お菓子なども数種類の中から自分の好きなものを意思表示できるようになる。してはいけないことも少しずつ理解し、しないようになってきている。してはいけない事(間違った事)をわざとする振りを見せ、支援者をおちょくる様な仕草を見せ、可愛らしい一面も頻繁に見せるようになる ↓ (引き続きしてはいけない事を認識させる 継続支援 利用6ヶ月時点) ☆ファスナーを上げることが出来るが、はめ込み部分が出来ない。 ↓ はめ込み部分の力の入れ方で指先の力をつける療育を行った。洗濯バサミを使う方法では、洗濯バサミを逆に持つなど洗濯バサミの使い方を理解していない。その他、ストローを穴に入れて押し込むなどの療育を追加。 ↓ 洗濯バサミの使い方を理解し

相談支援事業所 ぎんなん様向け R君

(受け入れ前の事前希望) 保護者:学年が上がる事で今までのように友達と遊びたくても遊ぶ事が出来なくなってきていて、下校後、家で何をしてるのかが気がかりで不安がある。今後は放課後デイを利用し他の人達との交流を取りながら日々の生活の中でコミュニケーション能力を高めてほしい。 (受け入れ前の学校聞き取り) 担任:落ち着いて着席できるように。指先が不器用なため改善。シャツの1番上のボタンが自分で閉めれるように。テンションが高いことがあるので自分でコントロールできるように。国語が苦手 (サポートでの取り組み) ☆学校への迎えに行った時や公園まで行く時など、支援者の注意を無視し走って行く等、落ち着きがない。 ↓ 走る事が危ないということをわかりやすく伝え、注意をすることにより自分で考える訓練を行う ↓ 指導員との信頼関係や同年代のお友達が増えたことによりサポートに通う事が楽しくなり、本人が休みの日に自分から「休みだけどサポートに行きたい」と言った時から支援者の指示が通るようになる。同時に落ち着きが見られるようになる。 ↓ (ケースによって何度も同じ事を注意することが多少あるので、継続支援。利用6ヶ月時点) ☆人との接し方や距離感が分からず、話す時にすごく近くで話をしたり、膝の上に乗ったり、他のお友達が使ってるものを勝手に取るなど、関わり方が分かっていない。 ↓ 人との適切な距離を実際にしてその都度教える。物を借りるときは「貸して」と自分で言えるように支援する。 ↓ 物を借りる時に自分で「貸して」と言えるようになる等、他にもして欲しくない時やして欲しくない時に「しないで」と言えるようになった

相談支援事業所 ぎんなん様向け T君

受け入れ前の事前希望) 保護者:言葉で伝えること 伝えるのにモジモジして時間がかかるので改善してほしい。 他の子供達と交流することで、本人が少しでもコミュニケーションをとれるようになってほしい。 環境の変化への慣れ。 (受け入れ前の学校聞き取り) 担任: 日常生活へのスキル。 時間を決めて動く(時計を見るなど) 手先が不器用なのでその訓練 シャツの一番上のボタンを自分で閉めれるように。 ひらがなの読み書き (サポートでの取り組み) ☆シャツの一番上のボタンを閉めれない。簡単な遊び(トランプ)などのルールを理解していない。 ↓ ボタン閉め、ビーズなどを使っての指先訓練。タイムを計って達成感を味あわせるなど。並行して一般的なトランプなどのルール指導その他並行しての療育 ↓ 引き続き自分でボタンを閉める。ボタン閉めなどできない時に人に近くの支援者に頼めるように訓練。指先の力が弱い事が原因じゃないかと仮定。指先力の強化の療育を追加 ↓ いつの間にか自分でシャツの一番上のボタンを閉めれるようになる。 ↓ (冬服でまた確認予定。現時点では完了。利用6ヶ月経過時点) ☆お友達との関わりを自ら持とうとしない。 ↓ お友達の関わりの中で口喧嘩などできるようになる。その都度仲直りの仕方などを教える。 ↓ 自分で遊んでいた物をお友達に自分の感情を抑えながら貸してあげることができるようになる。 ↓ (その都度支援者が声かけ予定だが、現時点では全く問題なし。利用6ヶ月経過時点) ☆アナログ時計を読めないため療育を追加。 ↓ 時計の課題を実地。「5分・10分・15分・20分・25分・30分・35分・40分

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

TEL:096-277-1492

FAX:096-277-1493

営業時間:月~金(祝日除く)

13:00~17:00

株式会社 サポートピュア

〒860-0072

熊本県熊本市西区花園7丁目10番12号

Copyright© 2019 サポートピュア All Rights Reserved.